デリヘルは儲かるのか?

「成功しているデリヘル店の経営ノウハウ」

もしそのようなデリヘル開業のための手引きがあれば心強くありませんか。

ノウハウを得ることがデリヘル開業での成功へのいちばんの近道です。

<<成功するためのデリヘル開業マニュアルの詳細はこちら>>


デリヘルは実際に儲かるのかどうか、そのヒントをニュースから探してみました。

デリヘル(デリバリーヘルス)を全国展開し、62店舗経営していた会社社長の男(47)が風営法違反容疑で逮捕されるというニュースが流れました。
風営法違反の内容は、デリヘルと偽装して、禁止地域内で店舗型風俗店と変わらない個室風俗店を経営していたことです。


この社長、業界内では「デリヘル王」と呼ばれ高級マンションに高級外車とセレブな生活を謳歌していたそうです。
この社長の経歴は、有名私立大を卒業後に一旦は信用金庫に就職したが、後に退職。
家庭教師など転職を繰り返し、30代後半の時に横浜市内でデリヘルを開業したという、特別すごい経歴の持ち主なわけではないのです。
その後、 「風俗だってビジネス。先見性を持てば全国展開も夢ではない」とデリヘルでの多角経営に成功し、その地位を築いていったのです。

どうでしょう?
このニュースの内容からもデリヘルがアイデアと努力しだいで儲かる可能性を秘めているとビジネスであると言えるのではないでしょうか?
ただし、この社長は、あまりにも売上(利益)を追求しすぎたため法律を違反してしまうという愚かな行為をしてしまったんでしょう。

ちなみに摘発された東五反田の違法デリヘルだけで、約2億7千万円ぐらい売り上げていたそうです。

<<成功するためのデリヘル開業マニュアルの詳細はこちら>>

このページの先頭へ

イメージ画像