「成功しているデリヘル店の経営ノウハウ」

もしそのようなデリヘル開業のための手引きがあれば心強くありませんか。

ノウハウを得ることがデリヘル開業での成功へのいちばんの近道です。

<<成功するためのデリヘル開業マニュアルの詳細はこちら>>

デリヘル開業について

デリヘル(デリバリーヘルス)とは、「無店舗型性風俗特殊営業」という届出によって開業でき、その名の通り店舗でのサービス提供ではなく、自宅やホテルに女性を出張させて、サービスを提供するという形態の風俗ビジネスのことです。

許可された地域のみにしか出店できない店舗型風俗店(事実上の新規参入は困難)と比べるとデリヘル(無店舗型性風俗特殊営業)は新規参入し易く、店舗をもたないことから固定費負担が少なくて済みますので、店舗型風俗店よりも断然に初期費用が少なく開業することが可能です。

しかし、低資本でかつ新規参入しやすいということは、逆にいえばライバル店も非常に多く競争が激しいということが言えます。
ただ、このことはどのような業種のビジネスについてもいえることであり、デリヘルの開業に限ったことではありません。

努力した者だけが勝ち残るのがビジネスの常です。

その点はデリヘルの開業でも他の業種での開業でも変わりありません。

デリヘルの開業・経営を考えていくうえでのポイントは、いかに新規の集客、リピート客の囲い込みできるお店のコンセプトづくり、また女の子の採用や定着の効率を上げていくためのシステムづくりなどが鍵となります。

性風俗サービスの場合、性に対する個人の趣味嗜好は多種多様であり、アイデアやひらめきしだいで独自性を打ち出し、お客の思わぬ興味やニーズに当たる可能性も十分にあります。

デリヘルは届出で開業できる小資本ビジネス

デリヘルは、事務所を構える地域の管轄警察署(公安委員会)に届出を提出するだけで開業が可能であり、無店舗での営業のため比較的低予算でも始められるのが特徴です。

デリヘルを運営していくうえでの宣伝のための広告媒体としても最近はインターネットが主流のため、電話番や送迎などの実務については従業員を雇って代わりにやってもらうという方法であれば、サラリーマンの副業としてなどでも起業をおこなうことも不可能ではありません。

しかし、デリヘルは開業し易いがゆえにライバル店も多く、閉店していくお店も多いという現実もあるのです。

とくにデリヘルの開業について知識や経験がない方は、確かな知識と経営ノウハウがないとせっかくデリヘルを開業しても儲けることはできません。

すなわち即廃業です。

デリヘルを開業して成功するためには、必要な知識と具体的なノウハウを知る必要があります。

ノウハウを得ることがデリヘル開業での成功へのいちばんの近道です。

<<成功するためのデリヘル開業マニュアルの詳細はこちら>>

このページの先頭へ

イメージ画像